OMOTENASHIの心で読み手に有用な情報を発信。

OMOTENASHI REVIEW

PC・スマホ

【実践レビュー】モニターアームが便利すぎる!ブログ記事執筆も効率UP!!

更新日:

 

 

仕事やブログ執筆等で長時間PCの前に座っている方には、PCデスク周辺の機器への投資がおすすめです。

 

今回は、その中でも特に満足度の高かったデュアルモニターアームをご紹介します。

 

モニターアームのメリット

 

  • デスク周りを広く使用できる

モニターアームを使うと、デスクからモニターを浮かすことができるため、同じデスクでも使用できる空間が大きく広がります。

私は、ちょっとした書類や資料などを置く場所に困らなくなりました。

 

  • 姿勢や用途に合わせ位置調整が可能

自宅の書斎では、仕事の書類作成やブログ執筆などキーボードを打ち続けている集中モードの時や、youtubeやAmazon primeビデオ・Abema TVなどを視聴しているモード、PS4やSWITCHなどゲームをしているモードなどなど、使用場面に合わせて姿勢を変えています。

一方、モニターはデスクに固定で置いたまま。角度調整すらほとんどしません。

 

チェアをリクライニングして映画鑑賞をしている時などは「もう少しモニター角度を下に向けたいなー」と思っていましたが、ベストな距離と角度を自由に調整できることがこれほど快適だとは思いませんでした。

32インチ+24インチのデュアルモニター(+ipad+kindle)

 

手前に引き出すとこんな感じ

 

24インチ縦モニター

 

手前に引き出すとこんな感じ

 

  • マルチモニター環境で作業効率が大幅向上!

モニターアームそのもののメリットではありませんが、マルチモニター環境は本当に快適です。

参考webサイトを見ながらの執筆作業やyoutubeを流しながらブログ執筆など、作業効率が導入前と比較して1.2倍に向上したイメージです。

 

どんなモニターでも装着可能?

規格を確認

アームとモニター背面をネジ止めで固定しますので、モニター背面にネジ山がついているかどうかを確認しましょう。

ネジ山が4つあればOK!

厳密には、VISA規格といってVISA75VISA100の2種類がありますが、ほとんどのモニターアームはその両方に対応しています。

ネジの太さも2種類ありますが、両方のネジが付属されていました。

 

 

モニターサイズ(重量)を確認

大型モニターを使用している場合は適応サイズに注意が必要です。

モニターアームには適応サイズ(重量)が記載されていますので、それを参考にしましょう。

ただし、表記の適応サイズはおおよその目安だと思ったほうが良いと思います。

私のモニターアーム選びのポイントと独自ランキング

 

今回は、以下の条件でAmazonを物色し独自ランキングを作成してみました。

  1. モニターを2つ設置できる(デュアルモニターアーム)
  2. 長期間使用できる耐久性(アームの強度、ガス式or機械式)
  3. 重量のある大型ディスプレイが設置可能
  4. 価格
  5. アーム部にコードが収納可能なもの
  6. 可動範囲と動かしやすさ
  7. デザイン性(カッコ良さ)

 

1位:

ACCURTEK PCモニターアーム17〜32インチ(JXB-02)

価格: ¥ 7,280


モニターアーム選びのポイント

1.モニターを2つ設置できる(デュアルモニターアーム)

Clear!

これは当然clear!

モニター1つで良い人はシングルタイプを選んで下さい。

 

 

2.長期間使用できる耐久性

(アームの強度、ガス式or機械式)

Good! ※用途によってはガス式もオススメ

アームの強度については、太くてかなり強固な作りです。長期的にもアーム自体の耐久性には全く問題無いでしょう。

ポイントは、ガス式(ガススプリング式)と機械式(メカニカルスプリング式)の違いについて。

 

ガス式(ガススプリング式)のメリット

ガスの圧力でサポートされるため動きが軽いことです。

ガススプリングとは、椅子を上げ下げできる機能を思い出すとわかりやすいかと思います。そのメリットは決して少なくありません。

 

ガス式(ガススプリング式)のデメリット

一言でいうと耐久性の違いです。

ガス式は、ガス圧が抜けてくると、モニターの重量に耐えきれず下がってきてしまうことがあります。

逆に、機械式はそういった心配がないため耐久性は高いと言えます。

あとは、価格の違いがある場合もありますので要チェック!

 

 

3.重量のある大型ディスプレイが設置可能

Good!

32インチが設置可能なデュアルモニターアーム(1万円以下)は、本ランキング記事1位・2位商品のほぼ2択です。

35インチになると、ランキング2位の商品一択となります。

 

 

4.価格

Good!

『機械式+デュアルモニター+32インチ対応+1万円以下』の条件下では、この商品1択でした。

文句なし!

 

5.アーム部にコードが収納可能

Good!

これ、非常に重要なのですが表記がない商品が多いんです。この商品には「コード収納可能」との表記がありましたので安心して購入。

実際、アーム下部がプラスチックの蓋になっており、スライドすることで外すことができるようになっています。

ここ、地味に重要です!!

電源ケーブル・HDMIケーブル・DVIケーブル、この3つのケーブルは太くて結構邪魔なんです。私は、この3本をアーム部に収納することでかなりデスクがスッキリしました!

 

 

6.可動範囲と動かしやすさ

no problem!

多関節(可動部5箇所)調整が可能なため、姿勢によりモニタの角度や遠近を微調整できるのがいいですね。

ただ、デスクを起点とした上方向の可動範囲はさほど大きくありません。モニターを横に並べる場合は特に支障はありませんが、

縦に並べたい時はこのように縦に支柱があるタイプを選ぶと良いと思います。

 

 

 

また、デスクとアームを挟んで固定する部分が1枚固定である点は、2位・3位の商品と比べると固定力という点でやや見劣りします(私が使用している限り、今のところ問題はありません)。

7.デザイン性(カッコ良さ)

Good!

これは個人の価値観に左右されますが、デスクからアームが直接2本出ているデザインがカッコ良い!

支柱からアームが2本出ているタイプより好きなんです!

 

 

2位:

NB NORTH BAYOU デュアルモニタアーム  テレビマウント 22-35インチ

価格: ¥ 8,999

35インチまで設置可能なガス式デュアルモニターアームであればこれ。

1位の商品と比較すると少し価格が上がりますが、この価格で35インチまで対応可能なのは素晴らしい!

これ以外は1万円〜3万円超の価格帯となってしまいます。

 

また、デスクとアームを挟んで固定する部分が2枚固定である点も安心できるポイントですね。

 

 

 

3位:

BESTEK PCモニターアーム ガススプリング式 15-27インチ対応 USBポート付き BTSS224BK

価格: ¥ 8,980

こちらは27インチまでの対応となりますが、

特筆点はUSBポートとマイク/イヤホン端子がついている点です。

ただし、奥行幅が広いデスクの場合は使いにくい位置になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

(私のデスクだと使いにくい位置になってしまうので不要と判断しました)

 

また、この商品もデスクとアームを挟んで固定する部分が2枚固定である点も安心できるポイントですね。

 

 

まとめ

モニターアームの選び方についてまとめてみました。

1万円弱で作業効率が高まるモニターアーム、是非試してみてくださいね!

 

次は、さらなる快適オフィス化に向けてこんな商品を狙っています。




OMOTENASHI-REVIEWでした。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

-PC・スマホ

Copyright© OMOTENASHI REVIEW , 2020 All Rights Reserved.