OMOTENASHIの心で読み手に有用な情報を発信。

OMOTENASHI REVIEW

PC・スマホ

【実践レビュー】おすすめパソコン用スピーカー ランキング 3選

投稿日:

どうも!

おもてなっしーです。

今回のおもてなしレビュー『パソコン用スピーカー』

パソコン用モニター付属のスピーカーは機能的には非常に貧弱なものがほとんどです。貧弱どころか、スピーカーレスのモニターも最近では珍しくありません。

でも、パソコンで作業をしながら音楽を流したり、youtubeAbema TVHuluDAZNなどの動画サービスを楽しむ人も多いのではないでしょうか。

あらゆるメディア・サービスがネット配信化してきている昨今、もはやパソコン用の範囲を超えたあらゆる用途に活用できる高音質なスピーカーがおすすめです。

特に最近は、高品質でデザインも優れた商品が安価で手に入るようになりました。ちょっと奮発したとしても、用途が多様であれば「パソコン用」「音楽用」「映画や動画配信用」それぞれ購入するよりはるかにお買い得です。

 

おもてなっしー
それでは、パソコン用スピーカーの実践レビュー、いってみましょう!

 

 

1位:Creative ステレオスピーカー

Good Point!

2wayデザイン、とにかく音質が良い!

高品質!ファイナルファンタジーXIVWindows版 推奨スピーカーのお墨付き!

line入力×2、付属のステレオlineケーブルで簡単接続!

おもてなっしー
音質、接続性、デザイン、コストパフォーマンスにおいて優れたスピーカーです!

 

小さいながらも2wayデザインで音質を重視した構造。特に低音の鳴り方は、驚くほど高品質です。

デザインも、ドライバーのコーンが黄色で本体の黒とのコントラストも鮮やかでcool!

私はこのカラーの組み合わせ、好きなんですよねー。

 

この商品の動画はこちら

 

高品質なのが最大の特長であるこの商品、他社からお墨付きの商品でもあります。

スクウェア・エニックス社の検証基準をクリアした製品に付与される、ファイナルファンタジーXIVをプレイするためのWindows版推奨周辺機器となっているんです。ゲームを楽しむ用途としてもお勧めです。

 

接続端子はline入力を2つ備えており、パソコンとスマホなど2つまで同時接続が可能。ステレオlineケーブル(2mの両端ミニプラグ)とRCAピンジャック、ステレオミニプラグ変換アダプターが付属していますのですぐに接続できます。

パソコンだけでなくスマホやタブレットとも接続できますので、音楽を楽しむ用途にも使えるのがお気に入りです!もはやパソコン用スピーカーの範疇を超えていますね。

ステレオlineケーブルは100円ショップでも売っていますが、音楽を楽しむのであれば最低でもこれくらいのケーブルを使用することをお勧めします。

ちなみに、やや音質は劣りますがBluetooth接続でスマホやタブレットと接続したい!という方はこちらがおすすめです。

created by Rinker
クリエイティブ・メディア
¥5,500 (2020/02/27 13:42:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

もうちょい Point!

ワイヤレス接続は非対応

スマホ等で音楽を楽しむ機会が多い場合、有線ケーブル接続だとスマホをスピーカー付近に置いておかなければいけません。これは思った以上に不便。音量や選曲をリモートコントロールしたいですよね。

あくまでも主な用途はパソコンと、パソコンで視聴するVODサービス等であれば音質重視のGigaWorks T20、スマホ等で音楽も頻回に楽しみたいという人はSP-T15W等がおすすめです。

さらに、高音質でワイヤレス接続と有線接続を両立させたいという欲張りな人には、やや価格帯が上がりますがSP-T50Wという選択は最強です!


 

2位:LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313

created by Rinker
ロジクール
¥5,117 (2020/02/27 13:42:20時点 Amazon調べ-詳細)

Good Point!

ウーファーが奏でる重低音は別格!

低音だけでなく高音もしっかり鳴ります!

ポインティングデバイスでも有名なLogicoolの製品です。マウスやトラックボールでは品質や信頼性の高さから不動の地位を築いていますが、実はスピーカーも隠れた逸品として高評価なんです。

接続方法は有線で、ウーファーを中心にコントロールポッド経由でパソコンとピンプラグで接続します。

ウーファーにはAC電源が必要なので、置き場所には配慮が必要です。ウーハーが1個、スピーカーが左右2つありますが、ウーハーはサイズも大きい(150mm×220mm×228.4mm)ので置き場所は少し悩ましいですね。

デスク下などもお勧めですよ。

 

特筆すべきは、独立型ウーハーが奏でる重低音!

この重低音を奏でるためには、AC電源が必要なんですね。サイズがやや大きいのも、重低音を奏でるために必要な容量だということが納得できると思います。

また、左右のスピーカーも高品質で、高音を余すことなく奏でてくれます。この低音と高音のバランスを、曲や用途に応じてイコライザ等で調整することで自分好みのサウンドが創り出せます。

 

もうちょい Point!

イコライザーで音質調整が必須

重低音が響きすぎるので音量注意!

もうちょいPointは、Good Pointと裏表ですが重低音が高性能過ぎること。

音質の好みは人により異なりますし、用途や曲によって調整したいですよね。この商品を余すことなく使いこなすためには、イコライザー機能は必須ですね。わざわざイコライザーで調整するのが煩わしいという人には向かないかもしれません。

ただ、調整を前提とすれば映画やゲームなどでも重低音が響き迫力満点。

それから、注意が必要なのは近隣住民に迷惑にならないよう配慮することです。特にウーファーで鳴らす重低音は、階下の部屋などに響きやすいのでご注意を。

 

 

3位:ELEGIANT SoundBar Speaker

Good Point!

スリムでスタイリッシュなデザイン!

415gと軽量!

特長は、何といってもスリムでスタイリッシュなデザイン。幅410mm×高さ50mm×奥行50mmと長い扇形ですから、モニタ下に置くと場所も取らずお勧めです。
415gと軽量なので、工夫すれば大画面モニターの上にも置くことができるかもしれません。
右側にダイヤル式のメインボリュームが配置されているので、手の届く場所に配置するといいですね。

電源はUSBから取る必要があります。音源はピンジャックで接続するタイプで、Bluetoothは対応していません。

気になる音質ですが、USBバス接続3W×3Wと低出力ではありますが必要十分な音質です。

ただし、人によっては低域に物足りなさを感じるかもしれません。

 

もうちょい Point!

スリムボディで低出力なので低音は苦手です

華奢なボディの見た目からも分かる通り、低音はやや苦手。

通常のゲームや動画視聴などは必要十分ですが、音楽や大迫力の映画を楽しみたいという人には物足りないと感じるかもしれません。とはいえ、通常使用には十分ですよ。

 

 

まとめ

パソコン用スピーカーとはいえ、ゲームや映画、音楽鑑賞など様々な用途に大活躍のスピーカー。

音質や接続方法、サイズなど特徴は様々なタイプがありますので、用途に合わせて選びましょう!

デスクやモニターのサイズによっても配置が換わると思います。

置き場所をイメージしながら選んでくださいね。

 

以上、OMOTENASI-REVIEWでした。

 

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

-PC・スマホ
-

Copyright© OMOTENASHI REVIEW , 2020 All Rights Reserved.